乳がんは早期発見で回復が見込める~リスク回避ノウハウ~

医者

早く見つければ治る

乳がんを早期にみつけるためには

笑顔の医者

乳がんは今や女性がかかるがんの中でトップとなっています。かかりやすい年齢は40代から50代ですが、それよりも若い女性でもかかることがあるので注意が必要です。 乳がんは早期に発見すれば治すことのできる病気です。最近では乳房を全部切除しなくても早期であればがんだけを摘出して乳房を温存できる治療法も進んでいるので、とにかく早く発見することが大切なのです。 現在、自治体の多くで40代以上の女性に対して乳がん検診の費用を助成する制度が進んでいます。40代を超えたらぜひ年に1回は検診を受けてください。20代や30代でも乳がんにかかるリスクはあります。手軽に発見できる方法として自己検診があります。月に一度自分で乳房をチェックしてしこりを発見する方法です。これなら費用もかかりませんし、早期に発見できる可能性が高まりますのでぜひ実践してみてください。

今後の対策と課題

乳がん検診の受診率は以前に比べるとだんだん上がってきてはいますが、欧米に比べると日本はまだまだ検診を受ける女性が少ないのが現状です。前段でも述べましたが、乳がんは早期に発見することが何よりも重要です。今後は乳がん検診の受診が当たり前になる時代を目指さなければなりません。さらに、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが乳がん予防のために乳房を切除したことが話題になりましたが、今後は彼女のような選択をする女性も増えてくるかもしれません。早期に発見して切除する時代から、将来かかるリスクが高ければかかる前に切除するという時代になっていく可能性も考えられます。しかし、まずは自己検診や病院での検診を定着させ、早期発見して乳がんによって亡くなる人を少しでも減らすことが目下の課題なのではないでしょうか。