乳がんは早期発見で回復が見込める~リスク回避ノウハウ~

医者

かかってくる費用

乳がんの検査から手術までかかる費用

女医

乳がんの検査から手術までにかかる費用は、最初にマンモグラフィーと乳腺エコー検査をし、病変が確認された場合は病変から直接細胞を採取する生体検査を行います。ここまでに関わる費用は病院によって多少前後はしますが、健康保険を利用した三割負担額で35.000円ほどになります。生体検査の結果で乳がんの確率が高い場合は、腫瘍の広さと深さ、他臓器への転移の有無を調べるためにCT検査とMRIを行います。悪性と確認された場合、手術ができる状態なら一週間ほどの入院をして全摘出か温存手術を行います。生体検査の結果から手術をして退院するまでの費用は、三割負担として大体400.000円ほどになります。高額医療が適用されます。

乳がん患者の増加と治療方法の進歩

乳がん患者は日本人の食事が欧米化になるにつれ増加してきました。20代や30代の患者が多くなり若齢化してきている傾向にあります。朝食がパンをメインにしてる人に多いと言われています。治療方法では、過去の乳がん手術においては腋窩リンパ節郭清を行う場合、レベル3まで郭清することが一般的でしたが、再発の防止としてレベル3まで郭清しても意味がない事が判明したため、現在ではレベル1から2が一般的になっています。そのため、腋窩リンパ節郭清をした後の後遺症が軽く、日常生活に支障をきたさないようになりました。全摘出手術だけでなく、乳房を温存できる温存手術方も再発リスクを抑えて行えるように進歩してきました。分子標的療法も実用化されています。